不倫に果たしてメリットはあるのか?

不倫をしている人を周りから見ていると、不倫なんてやめた方がいいという風に思ってしまいます。

不倫をしたとしても家庭が壊れるリスクがありますし、社会的な制裁を受けるというリスクもありますので、決して得をしないと思いがちですが、なぜ不倫をしてしまうのでしょうか。不倫をしてしまうのに何らかのメリットがあるからそういう行為をしてしまうのでしょう。

金銭面ではデメリットでしかない

不倫に関わる金銭面の収支ということでいうと、マイナスであることは間違いありません。不倫相手にプレゼントを贈るとなると自分の小遣いの中から出さないといけません。

そして、不倫がばれた時に大きな出費を伴うことがあります。金銭面でいうと不倫はやめておいたほうがいいということが言えるわけですが、金銭面だけでは変えられないものがあるということです。

気兼ねなく愛することができる

どうしても不倫をしてしまう人というのはパートナーだけでは物足りないことがあるからではないでしょうか。

物足りなさを不倫によって埋め合わせることができるのであれば、それをするというのもありということです。

現在パートナーと愛し合っていないというのであれば、寂しい思いをしているというのも分かります。寂しい思いを埋めるために愛人を作るというのもあり得ます。

愛人を作ることに関しては倫理的に許せないと思っていても、それを体が欲しているのであれば止められないということになります。

リスクを犯してまでもメリットがあるのかどうか検討する

リスクを犯したくないというのであれば不倫をしないというのが正しいでしょう。

リスクを犯してまでも他の人と愛し合いたいというのであれば金銭面などを総合的に判断した上で、実行することをお勧めします。

(それでも実行したいという方は妻に浮気されましたというサイトを参考にして下さい。)