不倫と浮気の違いは?

皆さんの中には不倫と浮気は同じような意味ではないかと思うかも知れませんが、言葉が違うわけですから細かいニュアンスは違うことが考えられます。今回は同じようで違う不倫と浮気の意味の違いについて紹介させていただきます。

既婚者か否かがポイント

浮気というのは結婚していようがいまいが、他の異性と関係を持った場合に使用されますが、不倫というのは既婚者が相手であるという場合に使用されます。浮気というのは不倫よりも幅広く使用される言葉です、それでも傷つく人がいることに変わりありません。

肉体関係があるかどうかがポイント

民法上における不倫というのは既婚者がその異性と肉体関係を結ぶことを言います。既婚者がその異性と肉体関係が無く、ただ食事をしていたり、キスをしただけというのであれば単なる浮気になります。浮気はいろいろな人に気が向いてしまうことを言います。

男性は気持ちが無くても異性と肉体関係を結ぶことができたりしますが、女性は気持ちが無いと肉体関係に行かないという傾向があります。このことから男性の方が浮気や不倫に向かいやすいということがありますが、女性の方が器用に別の男性と付き合うことができたりします。

気持ちがあるかどうかがポイント

不倫と浮気の違いというのは前者が気持ちが入っているもので、後者が気持ちが入っていないものになります。気持ちが入っていれば抜け出すのが難しくなりますので、不倫の方が浮気に比べると抜け出せなくなりますので注意しましょう。

不倫の方が深刻だと思っていい

不倫というのは既婚者が相手で、なおかつ肉体関係がある場合に使用される言葉と言ってもいいでしょう。その他のシチュエーションの場合は浮気で、不倫よりも幅広く使用される言葉です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です