不倫には良い結末もあれば悪い結末もある

不倫には結果的に良い結末に落ち着くケースと悪い結末になってしまったケースに分かれてきます。不倫を長期間続けることによって幸せという風に感じる人がいる一方で、不倫がばれてしまい離婚に追い込まれて、さらに愛人とも別れるという悲劇に見舞われる人もいます。今回は不倫の結末としたありがちなものを紹介していきます。

どちらかが依存してしまい離れられなくなる

相手に依存してしまうとなると、不倫にとってはあまり良い結果にならないことが多いです。依存してしまうと相手の都合を考えなくなり、既婚者にとってはまずい結果になる可能性が出てきます。別れるとしても後腐れが出てきてトラブルに見舞われる可能性があります。

不倫関係が消滅してしまう

不倫関係を続けていたが、家族にばれそうとか別に好きな人ができたなどによって不倫関係が消滅してしまうことがあります。これは元のさやに戻ったり、好きな人ができるなど喜ばしいことです。

不倫から再婚してしまう

お互いが本気に覚悟を決めるというのであれば、既婚者としては離婚をしないといけません。略奪愛という形で再婚をするというのであれば、それなりの責任を取る必要がありますが、好きだから再婚しているわけです。

何もかも失ってしまった

不倫がばれて離婚をすることになり、子供の親権が取られて養育費と慰謝料を支払う必要が出てくるわけです。それも不倫相手がいるのであればいいのですが、不倫相手とも別れたとなると最悪の事態になってしまいます。

良い結末になるか悪い結末になるかは当人同士の考え次第

不倫というのは倫理的には悪いことになりますが、それでも良い結末に収まるか、悪い結末に収まるかは当人同士の考え方次第のところがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です