残業を言い訳にして不倫を楽しむ

仕事をしていると不倫をしたいと思っても、そんな暇が無いと考えているかもしれません。

ですが、世の中には仕事をしながら不倫をしている人もたくさんいるのです。

残業しているはずが不倫

もちろん仕事が終わってから不倫をするのですが、何も無いのに帰りが遅くなると怪しく思われる事になります。

ですから仕事が終わらなくて残業をしていた事にする人も多いのです。

この場合は不倫相手と食事をするような事があっても、そこでお酒を飲まないように注意しましょう。

仕事をしていたはずなのに、酔った状態で家に帰ると怪しく思われます。

帰宅途中に缶ビールでも飲んできた事にも出来ますが、普段からそういった行動をしていないと余計に怪しく思われるのです。

残業代からバレることも

ただ、仕事が残業になったと言って不倫を楽しんでいると、残業代が少ないと思われる事もあるのです。

普段から給与明細を見せていなければ問題ないのですが、見られてしまうと残業時間が分かってしまいます。

本当に仕事が忙しくて残業が他に日にもそれなりにあれば誤魔化せるのですが、本当の残業が少ないと残業時間の少なさが怪しく見えてしまうのです。

ですから残業を言い訳にして不倫を楽しむ場合には、本当の残業時間が何時間ぐらいになるかを考えて使うようにしましょう。

サービス残業にしてしまう

ただ、どうしても不倫相手と会いたいのに、残業を言い訳にするのが難しいとなった場合にはサービス残業という言い訳もあります。

もちろんサービス残業は問題にもなっているので、あまり使う訳にはいきません。

ですが自分が仕事でミスをしたためなど、たまにならば信用して貰えるでしょう。

こういった事情を先に話しておくことで、帰りが遅くてもバレにくく出来るのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です